2020年1月14日火曜日

Renew Rivalry

1月も半ばになりましたが、2020年初の投稿です。今年もぼちぼち書いていきますので、よろしければ、たまに覗きに来てください。

ネズミ年の私はナント還暦を迎えます。年初には、孫と一緒に井の頭動物園で「ちゅうちゅうめぐり」(写真スタンプ)をして参りました。小さな動物園ですが、大きなカピバラから小さなハタネズミまで、げっ歯目は意外に揃っています。ここで干支めぐりができるのは、子年と酉年くらいですかね。
New YorkCentral Parkにリスは何匹いるか数えたという記事も私としては何となくタイムリーでした。

323人のボランティアの助けを借りた本格的な調査で、2,373匹のリスが確認され、それぞれについて、生息場所や毛の色など、詳細な情報が記載されたCentral Park Squirrel Census 2019 Reportが出されたとのこと。パットで言えば、入れごろ外しごろの5ft1.5m)の長さの分布地図付きです。リス好き、地図好き、NY好き、、という方は、こちら75ドルで買えるようですよ~。

さて、日本ツアーもアジアンツアーとの共催試合、Singapore Openが始まります。今朝の日経に「三度目の正直」と書かれてしまいましたが、われらが遼Pは、過去二回とも上位で予選を通過しながら、決勝ラウンドでは思うような結果を出せていません。PGAツアーのフルフィールドの初戦Sony Openは、天候の変化に戸惑う選手も多かったようですが、Sentosaも毎日スコールが予想されます。今年こそ、お天気に翻弄されることなく、頑張ってもらいましょう。

先週の現地記事はこちら

Ryo Ishikawa, the hugely popular Japanese star who rekindled memories of his wunderkind days with three wins in 2019, has fired a warning to his rivals at next week’s SMBC Singapore Open.
2019
年の3勝で神童時代の記憶を呼び覚まさせた日本の超人気スターRyo Ishikawaは、SMBCシンガポールオープンでライバルたちをけん制した。

"I feel very good about my physical condition now,” said Ishikawa, whose well-documented back problems restricted his movement. “I can swing the way I want to swing.「今、体のコンディションはとてもいいです。」よく記事になっていた腰痛により動きを制限されていたイシカワは言った。「自分のやりたいようにスイングできています。」

The 28-year-old Ishikawa will act as a magnet for the galleries at the SMBC Singapore Open from 16 to 19 January.
116日から19日のSMBCシンガポールオープンではギャラリーの惹きつけ役となるだろう。

そして、今日のインタビュー後の記事はこちら
オリンピアンたちより上に大きく出ていますね。アジアでの人気度がうかがえます。

The Japanese rediscovered his best form with three wins on the Japan Golf Tour last year and is ready to establish himself as one of the genuine contenders for the Singapore showpiece which is co-sanctioned by the Asian Tour and Japan Golf Tour Organisation (JGTO) for the fifth successive season.
イシカワは昨年日本ツアーで3勝し、彼のベストな状態を取り戻し、5年目となるアジアンツアーとJGTOの共催試合であるシンガポールの大会で真に優勝争いのできる選手であることを見せる準備ができている。

The Japanese now holds 17 Japan Tour titles and his return to top form saw him surge into third place on the money rankings in Japan and he would end the year in 80th place on the Official World Golf Ranking.
彼は現在日本ツアーで17個のタイトルを有し、絶好調。日本ツアー賞金ランク3位に昇り、世界ランクも80位で昨年を終えた。

他にも、15歳でプロツアーで優勝して、一躍注目選手となったこと、翌年にプロ転向して優勝を遂げていること、その後2年で8勝したこと、そして、昨年は6966をマークして2Tで決勝ラウンドに進んだことなどが書かれています。

こちらのオーストラリアの記事にあるように、インタビューで、Jazzのことを聞かれた時には、9月に一緒にプレーしたときのことを話し、ちゃんと彼のいいところを褒めています。

It is always a good experience to play with him, he has many things that I don’t have. One thing is his mentality which is much stronger compared to three or four years when I saw him.
彼(Jazz)とプレーするといつもいい経験が出来ます。私にないものをたくさん持っています。そのひとつが、彼の精神力です。私が最初に会った34年前に比べて、ずっと強くなりました。

3勝したことについては、

I am still trying to get better at hitting off the tee and I have to get better. The three victories last year is just a number, but I am constantly thinking about my golf game. I am concentrating more on my game than the number of wins. I hope I can get better for 2020 this year for the next six months and get into the Olympics.
ティショット、アイアン(この記事には書いてありませんが、言っていましたね)など、まだもっとよくしなければならないところがあります。昨年の3勝はただの数字です。常に自分のゴルフについて考えています。優勝の数よりもゴルフの内容に集中しています。2020年のこの半年で、もっと内容をよくして、オリンピックに出られるようにしたいです。

ワクワクしますね~。2020年最初の試合、本当に楽しみです!

0 件のコメント:

コメントを投稿