2015年5月7日木曜日

A fine gentleman on the PGA tour

遼Pがメッセージで知らせてくれたように、プレーヤーズ選手権は初出場の選手たちが皆、インタビューを受けるのが習わしのようです。
遼Pはその他にもMorning Driveのスタジオで、単独インタビューもあったのですね。

Garry Williams: Ryo Ishikawa, the Japanese star, of course.  He’s been in this global scope for a number of years and he is the youngest ...at sixteen years of age to crack the top 100 of the official world golf ranking.  And you decided to come over here to play in the United States, on the world’s greatest tour.
Will you talk about this a little bit?  When you came here you had so much hype, so much media attention and you said it was difficult to handle. And that affected your play on the golf courses.  In what way?
おなじみ日本のスター、リョウ・イシカワです。もう何年も世界の注目を浴びてきました。世界で一番若くして、16歳でワールドゴルフランキングのトップ100入りを果たした選手です。そして、世界で一番のツアーでプレーするためにアメリカにやってきました。
少しお話させてください。ここに来たとき、ものすごい期待とメディアの注目を持ってきて、対処のしかたが難しいと言っていましたが、あれはゴルフのプレーに影響したと思いますが、どのように影響しましたか?

Ryo: I couldn’t remember that moment because that was too busy.  It was a bit tough moment, but I still be able to (have) concentration on my golf so that was OK and now I am playing not so well but I’m still happy to be here playing on the PGA tour. I’m 23 now and this is my third year and this is my first appearance for the PLAYERS and I’m looking forward to the next four days and the next few years.  I wanna be world top 10 or world top 20 so just exited to play here.
その時のことは、よく覚えていません。忙しすぎて。大変でしたけど、ゴルフには集中できていたので大丈夫でした。今はあまりいいプレーができていかせんが(ハニカミながら)それでもPGAツアーでプレーできることは幸せだと思っています。今23歳になって3年目で、プレーヤーズ出場も初めてです。この4日間、そしてこれからの数年を楽しみにしています。世界のトップ10、トップ20になりたいので、ここでプレーすることにワクワクしています。

GW: When you came here, was it difficult for you to get adjusted to the United States culture and language and everything?
ここに来たとき、アメリカの文化やことばなどに慣れるのは大変でしたか?

Ryo: Umm..No, because I love hamburger.  So it was not difficult.
いいえ、ハンバーガーが大好きですから、大変ではありませんでした。

GW: Hahaha.ハハハ

Ryo: So that makes me much much easier for me. I love English I love to learn English and other languages.  It’s sometimes difficult to understand English for the Japanese people but I’m trying to get used to American culture. I have a residence in Orlando.
(食事が合うので)慣れるのは簡単でした。英語が好きです。英語や他の言葉を学ぶのが好きです。日本人には英語を理解できないときがありますが、アメリカ文化に慣れようと努めています。オーランドに家もありますし。

GW: At Bay Hill? ベイヒルですね?

Ryo: Yeah, at Bay Hill.  From here it’s like three hours from here. It’s good for me and I’m practicing with Dicky Pride and other players and it works for me.  It’s a great place for golf and a great place for the professional golfers as well. 
はい。ベイヒルです。ここから3時間くらいです。それも僕にとっていいことです。ディッキー・プライドや他の選手たちと練習をしています。ゴルフにとって素晴らしい場所ですし、プロゴルファーにとってもすばらしい場所です。

GW: When we take you back a few years ago, when you were out here on the PGA tour, I personally saw all the media attention you got especially from your home country of Japan.  Did you feel like you had a weight of your country on your shoulders at here when you play golf?
数年前に話を戻すと、PGAツアーに来たとき、私は個人的に、あなたがメディア、とくにあなたの国、日本のメディアに囲まれているのを見ました。ゴルフをするとき両肩に母国の重荷を感じませんでしたか?

Ryo: No, I don’t think so.いいえ、そうは思いません。

GW: So it was a lot of pressure for you?
プレッシャーにならなかった?

Ryo: No. Because I play for myself and for my fan at the same time but it’s not gonna be umm like..あーなんていうんだろな。マイナスにならないというか。
It’s always great thing to play for ..
いいえ。なぜなら自分のためにゴルフをしますが、同時にファンのためにゴルフをします。えーっと…いつもファンのためにプレーすることもすばらしい…

GW: It’s an honor
誇らしい、ということですね?

Ryo: It’s an honor to play (for them) here. I enjoy playing golf and hopefully play well and getting in contention every week.  That’s good for the Japanese golf and for the Japanese fan I know. I know Hideki playing so well and I wanna be there and play with Hideki on Sunday afternoon.  It’s my dream and it’s great for the Japanese golf.
ここでファンのためにプレーすることは誇らしいことです。ゴルフを楽しんでいますし、いいプレーをして毎週優勝争いをしたい(ハニカミ♪)と思います。それが日本のゴルフ、日本のファンのためにいいことです。ヒデキがいいプレーをしているので、僕もあのレベルまでいって、ヒデキと日曜の午後に一緒にプレーしたいです。それが僕の夢で、それが日本のゴルフにとって良いことです。

GW: Oh, you are a fine gentleman out here on the PGA tour.
Wish you all the best. Ryo Ishikawa.
あー、あなたはPGAツアーの立派な紳士だ。ご健闘を祈ります。
リョウ・イシカワでした。


(最後のこにゃこにゃっと言ったところは、聞き取れませんでしたが、たぶん、「ちょっと練習の邪魔をしちゃったけど腰は大丈夫ですよね?」(でした)っていうようなことを言ったのだと思います。)

エライゾ、遼P!
ちゃんと自分の言葉で、易しい単語を駆使して、言いたいことを伝えていますね。その中にも hopefully とか it’s like…とか a bit  とかネイティブっぽい言い回しが増えてきて、自分の足で一歩一歩進んでいる感じ。好感を持ってもらえるインタビューだったと思います。こんなふうに頑張っている姿とこの笑顔で、アメリカにもファンが増えたかも。本当にa fine gentlemanです。
でも、自分のプレーの部分になるとハニカムから、まだ当分bashful prince の称号は返上できそうもありませんね。

このあと、また何時間も練習したとか。夜はぐっすり休めたかな?
さぁ、今日からのプレー、楽しませてもらいますよぉ~♪

0 件のコメント:

コメントを投稿